東京・北千住の美容師 キムラタカアキの
縮毛矯正・ストカール施術 ヘアケアメディア

  • ヘアカラーの色落ちが気になるアナタに

【グロス染料の一番の特徴は〇〇!】Le POLISSAGE (ル・ポリサージュ)レビュー

【グロス染料の一番の特徴は〇〇!】Le POLISSAGE (ル・ポリサージュ)レビュー

こんにちは

東京の北千住の美容師

キムラタカアキ です。

縮毛矯正・ストカール・髪質改善を初めとして
髪の悩みを解消していつまでもキレイでいられるお手伝いをしております。

初めましての方はこちらから

☆ストカールについて

☆乾燥対策神アイテム


世間は空前のカラーブームですね。各メーカーから次々と新しいコンセプトのカラー剤が発売され、ヘアカラーの可能性がどんどん広がっている印象です。

少し前にも新規染料となる『レインボー染料』の事を紹介しましたが

今度は『グロス染料』なる成分を配合した新カラー剤【Le POLISSAGE (ル ポリサージュ)】
が発売されるようです。

はい、気になるので特徴などを調べつつ実際に使ってみました。

LE POLISSAGE(ル ポリサージュ)とは?

美容の大手メーカー、デミ・コスメティクスが独自で研究・開発した新規染料となる『グロス染料』を始めて採用したカラー剤です。

現在世に出ているファッションカラーや白髪染めに使われているアルカリカラー(酸化染料)、ヘアマニキュア(酸性染料)、HC・塩基性カラーなどとはまた別の染料を採用しているようですね。

グロス染料配合カラー剤の特徴

で、結局グロス染料ってなんなの?他のカラー剤と何が違うの?と言ったところですね。

そこでグロス染料が配合されたカラー剤の特徴をまとめてみました。

ツヤ感のある発色

グロス染料は他の染料と比べて髪の毛に染まる場所の違いから、光の反射によるツヤ感が高い設計になっています。

3つのフリー

通常のアルカリカラーでのダメージの主な原因となる『過酸化水素』『アルカリ剤』が入っていないので限りなくダメージレス。繰り返しカラーをする事による髪の劣化、頭皮への負担を無くします。

また、ヘアカラーでのアレルギーの主な原因である染料成分『パラフェニレンジアミン』も入っていないので限りなくアレルギーリスクを減らしてカラーを楽しめます。

髪と頭皮をケア

上記の特徴に加えて、その他成分によってバリア機能の低下した頭皮の保護、髪への柔らかさ・なめらかさ等の質感アップを実現します。

と言った具合でなんだか聞いていると良いことづくめのような気がします。とは言え実際使ってみないとどうにも分からないのでさっそく使ってみました。

実際に使ってみた

はい、こちらがビフォーの状態です。毛先に向かって色落ちしている状態です。

ちなみにルポリサージュは髪の毛を明るくする力は無いので根元の伸びている場所は通常のアルカリカラー、中間〜毛先にグロスカラーをしてみました。

仕上がりがコチラ、乾かしただけの状態です。

確かに特徴の一つであるツヤ感や手触りなどの質感の部分はかなり良い気がします、通常のカラー剤と比べて傷んだ感じも無く負担もかなり少ないんだろうという印象です。

発色の部分は通常のカラー剤より劣る気もしますが、カラー剤のバリエーションもあるのである程度の色味には対応できそうですね。

ルポリサージュはカラー剤?

使ってみた感想としては、カラーとしての色味
よりも仕上がりのツヤなどの質感に魅力がありました。

髪への負担の無さからもカラー剤というよりはトリートメントに近い感覚です。

・少し色を落ち着かせたいけど、なるべく髪や頭皮に負担をかけたくない

・色味よりもツヤ感や質感を重視したカラーを楽しみたい

そんな方にはピッタリなんじゃないかと思います。

ヘアカラーの選択肢が益々広がりそうですね、しっかり使いこなしてお客様により良いものを提供していけるようにしていきます^_^

それではまた♪

ご相談はこちらから

ご相談・ご予約はこちらからお願いします!
公式LINEでの事前カウンセリングやお悩み相談など気軽にご連絡下さい。
↓ ↓ ↓

  • ピックアップ
  • Category
  • Tag Cloud
  • archive