東京・北千住の美容師 キムラタカアキの
縮毛矯正・ストカール施術 ヘアケアメディア

  • ヘアカラーの色落ちが気になるアナタに

クセと肩で髪が跳ねる悩みは外ハネストカールで解決

クセと肩で髪が跳ねる悩みは外ハネストカールで解決

こんにちは

東京の北千住の美容師

キムラタカアキ です。

縮毛矯正・ストカール・髪質改善を初めとして
髪の悩みを解消していつまでもキレイでいられるお手伝いをしております。

初めましての方はこちらから

☆ストカールについて

☆乾燥対策神アイテム


『髪の毛がうまくまとまらない…』

そんなお悩みがある方も多いと思いますが、その原因ってなにか分かっていますか?

髪質やダメージ、長さやカットの仕方など人それぞれ原因は違います。

・自身の髪の悩みの原因を知る事
・悩みに対して正しい対処をしていく

>

この2つが悩みの解決には必須です。

今回は癖と長さでまとまらない場合の対処法を実例とともに紹介していきます☆

悩みの原因と解決する為に

冒頭でも紹介したとおり、髪がまとまらない原因は多数あります。主なところでは

・くせ毛
・髪の長さ
・ダメージ
・カットの仕方やパーマのかかり具合
・加齢による髪質の変化

この辺りが複雑に組み合わさっている事がほとんどです。

今回のお客様の原因と、それに対する解決方法を解説していきます。

お客様ビフォー

今回のお客様。

全体的にホワホワと広がりやすい髪質と、伸ばし中の肩にあたる長さがまとまらない主な原因です。

まず広がりやすい髪質は、癖によるもの。
そして伸ばし中の方が誰もが通る肩周辺のハネやすい長さ。

この時期に上手くまとまらずに伸ばすのを諦めて切ってしまう方も多いかと…

それぞれの原因に対しての施術の仕上がりがこちら

仕上がり(アフター)

ハネやすい長さを活かした外ハネスタイル。

ドライヤーでブワ〜っと乾かしてスタイリング剤を揉み込めば完成です。

今回のスタイリング剤

跳ねやすい長さに内巻きスタイルはオススメしない

今回のケースのように肩にあたる長さの時に内巻きスタイルにしてしまうと、かなり高い確率で跳ねてしまいます。(癖がある無しなど関係なしで)

朝頑張って上手いこと内巻きにしても、いつの間にか跳ねていた。そんな経験のある方も多いのではないでしょうか?

特に片側は内巻き、もう片側が跳ねている。
そんな状態が1番気になりますね。

(スライドでそれぞれ画像がご覧いただけます)

跳ねやすい長さは”跳ね”をデザインに

どうしても跳ねやすい長さの時は跳ねを活かしたスタイル、跳ねをデザインの一部にするのがオススメ。

表面付近を内巻き風にしてまとまりを。裾の部分は動きを出したデザインでバランスをとってます。

ストカールで癖の改善と毛先の動きの演出

今回のお悩みの原因のもうひとつが癖による広がりです。

癖の改善には縮毛矯正、更に毛先の動きを出す為にワンカールパーマ。

この2つをストカールで叶えます♪

ストカールって何?って方はこちら
↓ ↓ ↓

ストカールをかけた後のご自宅でのスタイリングは

お風呂上がりはドライヤーでしっかりと最後まで乾かす

朝は寝癖などを部分的に直したらスタイリング剤を全体に馴染ませる。

基本はこれだけで大丈夫です、お家での再現性もかなり高くなってます☆

キムラ
毛先はご自身で巻きたい方は、縮毛矯正とカットでベースを作っておいて毎朝コテなどでスタイリングするのもありですね。

まとめ

今回は重ためボブのスタイルが伸びた状態から
段の入った動きのあるスタイルへ変えていきました。

スタイルの好き嫌いもあるのでこれだけが正解というわけでは無いですが、日々のストレスの解消やお家での再現性を考えるとかなり楽になるかと思います♪

伸ばし中まとまらなくてお悩みの方は1つの解決方法としてご参考に☆

その他オススメ記事

ご相談はこちらから

ご相談・ご予約はこちらからお願いします!
公式LINEでの事前カウンセリングやお悩み相談など気軽にご連絡下さい ↓ ↓ ↓

  • ピックアップ
  • Category
  • Tag Cloud
  • archive