東京・北千住の美容師 キムラタカアキの
縮毛矯正・ストカール施術 ヘアケアメディア

  • ヘアカラーの色落ちが気になるアナタに

毎朝のアイロン。その習慣を無くしてコテ巻き風ロングへ 【 ストカール 縮毛矯正 】

毎朝のアイロン。その習慣を無くしてコテ巻き風ロングへ 【 ストカール 縮毛矯正 】

こんにちは

東京の北千住の美容師

キムラタカアキ です。

縮毛矯正・ストカール・髪質改善を初めとして
髪の悩みを解消していつまでもキレイでいられるお手伝いをしております。

初めましての方はこちらから

☆ストカールについて

☆乾燥対策神アイテム


広がるボブをストレスフリーなコテ巻き風ロングへ

ストカールを定期的にして頂いている方は、
元々毎日アイロンやコテなどを使われていた方がほとんどです。

ストカールをかけることで毎朝の手間が無くなるのはもちろんのこと、その他にもメリットは沢山あるんです。

今回はその辺を解説しつつ、今までは毎朝アイロンでスタイリングされていたお客様がアイロンの習慣を辞めてボブからコテ巻き風のロングにするまでの経過もご紹介していきます♪

初来店当初

今回ご紹介のお客様、過去(約2年前)のご来店時のビフォーです

元々広がりやすいクセがあり、
当時は毎朝アイロンが必須でした。

繰り返しのアイロンで毛先のダメージもそこそこある状態。

また、湿度のある時期は頑張ってスタイリングしても外に出ると崩れてしまう。

まずはこの悩みを解消し、簡単にまとまるスタイルへ変えていきました。

こちらその時の仕上がり
↓ ↓ ↓

ストカールで広がる原因のクセを自然なストレートに伸ばし、同時に毛先に柔らかさが出るようにワンカール。

ドライヤーで乾かすだけでまとまるボブにさせて頂きました。

脱アイロンでもまとまるスタイルへ

今後は伸ばしていきたいとの事だったので、
それからは長さはキープしながら少しずつスタイルチェンジ。

定期的に毛先のカット、カラーやトリートメントでメンテナンスを続けていきます。

ある程度長さが伸びて来たところでクセが気になるタイミング。再度ストカールをかけています。

この時は同じワンカールでも、少し動きのある
ミディアムスタイルへ。

そこから10ヶ月後
更に長さも出てきたので、更に動きのある
コテで巻いたようなカールスタイルへ

伸びてきたクセの部分もキレイなストレートへ

それから4ヶ月後の現在の状態がこちら
↓ ↓ ↓

最初のボブの状態から約2年。

アイロンやコテを使わなくても、艶感のあるコテ巻き風のスタイルになりました♪

アイロンの習慣を無くす事で得られるメリット

今回ご紹介したお客様、初めてストカールをかけて以来は普段のスタイリングでほとんどアイロンを使わなくなりました。

使うとすれば、根元のクセが気になり出した頃に少し使うくらい。そのタイミングで再度ストカールをかけているのでほんの少しの間。

ストカールをかける事で毎朝のアイロン・コテの習慣が無くなる。

それによるメリットをご紹介します。

毎朝の時間的余裕

まずは日々のスタイリングが圧倒的に楽になる事。

毎朝アイロンでクセを伸ばして毛先をカールする。そんなルーティンが必要無くなります。

基本的には夜お風呂あがりにきちんと乾かす。
朝は寝癖などの気になる所だけ直す程度
で、あとはワックス等を軽くつけるくらいで終わるので毎朝の準備時間を10〜20分短縮出来ます。

朝が苦手な方はもちろん、お勤めの方や小さなお子さんがいらっしゃる方は朝の時間程貴重だったりしませんか?

朝の余裕が生まれるのは大きなメリットかと思います^_^

日中のスタイリングの崩れを防止

これはアイロンでのスタイリングとの大きな違い。

アイロンやコテなどの形付けはあくまで一時的なもの。濡らせば元に戻るし、その日の天候に大きく左右されます。

キムラ
梅雨時期などはそれが特に顕著ですね

それに対して縮毛矯正やストカールなどのパーマ類は、薬や熱の力で髪本来の形を変えていきます。

天気や湿度の影響を受けにくく、一日中スタイルをキープ出来るので髪型が崩れるストレスからも解放されます。

繰り返しの熱ダメージの減少

アイロンやコテなどの高熱を繰り返し髪の毛に当てる事は当然ダメージへと繋がります。

質感が硬くなったり、パサつき・ダメージが進行すれば切れ毛の原因にもなります。

縮毛矯正やパーマ類も当然ダメージはします。
しかし繰り返し高熱を当てるのと比べるとダメージは少なく、数ヶ月や年間で考えると髪に与える負担は確実に少なくなります。

※あくまで、負担を減らして縮毛矯正やパーマをかけた場合によります。ダメージ度合いはかける美容師によって差はかなり出ます。

パーマや縮毛矯正は傷むイメージがある、だからアイロン・コテでスタイリングしている。

そんな方も髪のダメージの考え方を変えると、そこまでデメリットは無くなるかもしれません。

まとめ

今回のケースのように長さを伸ばしながら、なりたいヘアスタイルを叶える為には

『ダメージの原因を減らしていく』

『その為に日々の習慣を変えていく』

この辺が特に大切です。

カラーでもパーマでも、髪のコンディションが良い方が仕上がりのクオリティや持ちも良くなります。

ただ髪を伸ばしていくだけでなく

日々のストレスを無くしながら

髪のコンディションを保ちながら

徐々に変わる雰囲気を楽しめるように

毎回微妙な工夫を加えて施術していきます。

キレイに髪を伸ばしていく事や髪のダメージを無くしていく事はある程度の期間が必要ですが、必ず理想の状態に変えていく事が出来ます。

お悩みの方は是非一度ご相談下さい^_^

それではまた♪

ご相談はこちらから

ご相談・ご予約はこちらからお願いします!
公式LINEでの事前カウンセリングやお悩み相談など気軽にご連絡下さい ↓ ↓ ↓

  • ピックアップ
  • Category
  • Tag Cloud
  • archive