東京・北千住の美容師 キムラタカアキの
縮毛矯正・ストカール施術 ヘアケアメディア

  • ヘアカラーの色落ちが気になるアナタに

ブリーチした髪に縮毛矯正は断られるのは何故? 【 北千住 上野 縮毛矯正 】

ブリーチした髪に縮毛矯正は断られるのは何故?  【 北千住 上野 縮毛矯正 】

こんにちは

東京の北千住の美容師

キムラタカアキ です。

縮毛矯正・ストカール・髪質改善を初めとして
髪の悩みを解消していつまでもキレイでいられるお手伝いをしております。

初めましての方はこちらから

☆ストカールについて

☆乾燥対策神アイテム


ブリーチ毛に縮毛矯正はできるの?

最近はヘアカラーのデザインの進化でブリーチやハイトーンのカラーを楽しむ方が増えてますね^_^

全体はブリーチしていなくても、グラデーションで毛先だけとかハイライト・バレイヤージュで部分的になどなど…

そんな髪の毛の履歴が多様化する中で、
ブリーチした髪に縮毛矯正をかけたいけど断られた
という声も良く聞きます。

そこで今回はブリーチと縮毛矯正についてを
施術例と合わせてご紹介します♪

縮毛矯正を断られた

と言う今回のお客様です

ブリーチ毛に縮毛矯正をかけられる所を探してご来店頂きました。

ご来店時はストレートアイロンで
スタイリングされていたので
一度濡らした状態です。

内側も大きくうねる癖が出ています。

お客様の髪の履歴・経緯は

・縮毛矯正は半年に一度ほど
・いつも行っている美容院でブリーチ
・その後縮毛矯正をお願いしたが断られてしまった
・癖が気になるので毎日アイロン

と言った感じ

今回は広がり・ウネリをどうにかしたいのと
短くボブにスタイルチェンジしたいとの事。

という事で、まずはベースのカットをして乾かしてみると

ボワ〜っと広がる感じ

線から毛先の部分が前回縮毛矯正をした部分。

・根元の部分は元の癖による広がり
・毛先は若干の癖戻りと、ダメージによる広がり

と言った具合です。

この状態だと毎日アイロンをしないと気になってしまいますね、乾かすだけでキレイにまとまるようにしていきます♪

仕上がり

こちらが仕上がり

サラッサラになりました

スタイリングは濡れた状態でオイルをつけて
乾かしただけです。

毎日のアイロンも、天気が悪くてももう悩まないで済みますね^_^

ありがとうございました

縮毛矯正でブリーチ毛かよりも気にするべき事

さて、今回のお客様は
ブリーチ毛の縮毛矯正を断られたという事でしたが

ブリーチ毛=縮毛矯正は出来ない

という事ではありません
(難易度は高くなりますが)

それと同時に

ブリーチしていない=縮毛矯正をかけられる

という事でも無いです。

ここでポイントなのが

髪の体力(=傷み具合)

になります。

今回のケースはブリーチ毛でしたが、
元の髪質はしっかりしていて髪の体力がまだ残っていたのでかける事が出来ました。

逆にブリーチをしていなくても、
・繰り返しのカラー・パーマなどによるダメージ
・毎日のコテ、アイロンや摩擦などの日々のダメージ

などなど、その他の要因によってかける事が
難しい場合もあります。

キムラ
ブリーチをしているかよりも、現在の髪の状態で判断するのが大切です

ブリーチ×縮毛矯正が断られやすい理由

では何故、ブリーチ毛は
縮毛矯正を断られやすいかと言うと

ブリーチと縮毛矯正は美容院のメニューの中で特に負担が出やすい(傷みやすい)メニューだから

髪の毛はダメージが進み過ぎるとチリチリになってしまったり、切れてしまいます。

ブリーチしている髪は通常のカラー毛と比べてダメージが進行している事が多く、
その状態で縮毛矯正をかけると更にダメージが進みチリチリになってしまう恐れがあります。

縮毛矯正を強みやウリにしている美容院以外では、ブリーチ毛やハイダメージに対応出来る薬剤や技術が用意されて無い事が多い為に断られる事が多いのです。

日々薬剤や技術の進化で負担・ダメージを
抑えた施術や仕上がりが可能になっていますがそれも担当する美容師次第

一般的にはまだまだリスクが高く
縮毛矯正やブリーチ=ものすごい傷む
と言う認識の方が多いのかと思います。

縮毛矯正は癖や広がりが気になる方の為のもの

髪を扱いやすく、サラサラにしたいのにチリチリになったり毛が切れてしまったら本末転倒

そうならない為にも、
ハイダメージ毛への縮毛矯正は薬剤の選定や塗布、中間での処理やアイロンワークなど
より慎重にしていく必要があるんです。

まとめ:ヘアスタイルは計画的に

以上、ブリーチ毛と縮毛矯正についてでした

薬剤を使うメニューは、それぞれダメージが伴います。

悩みを解決したり、理想のイメージを叶える為には必要不可欠ですが

メリット・デメリットを理解して美容師さんとしっかり相談する

という事が大切かなと思います。

髪の状態によっては一度では希望に添えない場合でも計画的に髪の状態を良くしていく事で、
理想のヘアスタイルは叶えられます。
是非ご相談ください^_^

こちらも宜しければご参考に
↓ ↓ ↓

それではまた♪

ご相談はこちらから

ご相談・ご予約はこちらからお願いします!
公式LINEでの事前カウンセリングやお悩み相談など気軽にご連絡下さい ↓ ↓ ↓

  • ピックアップ
  • Category
  • Tag Cloud
  • archive