東京・北千住の美容師 キムラタカアキの
縮毛矯正・ストカール施術 ヘアケアメディア

  • ヘアカラーの色落ちが気になるアナタに

【海・プールに行くなら】知っておきたい髪の傷みの原因と予防方法

【海・プールに行くなら】知っておきたい髪の傷みの原因と予防方法

こんにちは

東京の北千住の美容師

キムラタカアキ です。

縮毛矯正・ストカール・髪質改善を初めとして
髪の悩みを解消していつまでもキレイでいられるお手伝いをしております。

初めましての方はこちらから

☆ストカールについて

☆乾燥対策神アイテム


海やプールでの髪のダメージ予防のススメ

夏休みやお盆に海やプールに遊びに行く人もいるのではないでしょうか?

年々暑くなっているように感じる夏、この季節ならではの楽しみですね〜

しかし、海やプールで遊んだ後の悩み

髪が傷んだ、パサパサになった

こんな経験、一度はありませんか?

髪がパサついてしまったり、ヘアカラーが色落ちしてしまうとその後のケアも大変です。

そこで今回は、海やプールに出かける時に心掛けた方が良い事と、アフターケアをご紹介していきます♪

海やプールで髪が傷むのは何故?

そもそも、海やプールに行くと髪がパサつくのはなんで?

と言うところから説明していきます。

大きな原因は3つ

1. 海水・塩素

海の水には塩やバクテリアの死骸などなど不純物が多く混ざっています。

特に塩分は水分を奪う性質があるので、海水に晒されている間はどんどん髪の水分が奪われてしまいます。

また、プールの水には消毒として塩素が含まれています。

塩素は消毒液と共に、普段皆さんも使っている漂白剤の成分としても使われています。

漂白剤は使い過ぎると衣服などの繊維を傷めるように、漂白作用もある塩素が髪への傷みや脱色につながります。

2. 水の性質

海の水はアルカリ性です。

通常髪の毛は弱酸性に保たれていて、アルカリ性に向かうにつれて髪のキューティクルが開き、髪内部の成分が流出しやすくなります。

キムラ
ヘアカラーの時の薬もアルカリ性です。
アルカリの力で髪を開いて、色を抜いたり入れたりしてるんです。

アルカリ性の水に晒されて髪が開いている状態で塩分や不純物が触れ続ければ、それだけ髪内部の水分や成分がどんどん抜けていってしまいます。
ヘアカラーで入れた色もすぐ抜けてしまいますね。

プールの水も同じように、消毒の効果を持たせる為に弱アルカリ程度に維持されています。

アルカリ+漂白なので色抜けも傷みも進行してしまいます。

3. 紫外線

紫外線は肌や頭皮はもちろん、髪にも悪影響を与えます。

髪が紫外線を吸収すると、髪内部のタンパク質の酸化・老化を促しダメージへと繋がります。

アルカリや不純物に晒されている+濡れている。そこに加えて紫外線は傷みの進行を加速させてしまいます。

ちなみに紫外線は照り返しと言うのがあって、
空からの紫外線が100%だとすると
・水面 20〜40%
・砂浜 15〜20%

程の紫外線が反射しています、日傘やパラソルだけだとなかなか防ぎきれませんねw

海やプールでの主な傷みの原因は以上です

キムラ
なんとなく聞いたことありますかね?

さて、次に髪を守る為の対策をご紹介します。

海やプールに行く前の事前ケア

1. 髪をまとめる、帽子を被る

はい、まずは紫外線や水に浸かる面積を少なくする事です。

特にロングヘアの方は、傷みやすい毛先はなるべく海水などに浸からないように髪をまとめておきましょう!

2. 髪の日焼け止めやオイルで保護

肌と同じで、髪や頭皮にも日焼け止めをしっかりとつけましょう。

と言っても日焼け止めクリームをつけたらベトベトになってしまうので、髪や頭皮用のスプレータイプの日焼け止め

こんな感じものや、水に入る場合はヘアオイルなどをしっかりとつけて海水やプールの水がなるべく触れないような状態にしておきましょう!

そして、最後に海やプールで遊び終わった後のケア方法です。

海やプール後のアフターヘアケア

1. シャワーでしっかりと流す

まずは海やプールから上がったらシャワーでなるべく洗い落としましょう。

キムラ
コレかなり重要です

少し時間をかけて流す事で、余分な物がより落とせると同時にアルカリ性に傾いた髪が少し弱酸性に戻りやすくなります。

2. 濡れた状態で紫外線はなるべく浴びない

遊んでいる途中も遊び終わった後も、濡れている状態は髪がとてもデリケートな状態です。

その時に浴びる紫外線は、乾いている時よりも傷みやすいので髪が濡れている時は特に紫外線には注意しましょう。

また、シャワー後など濡れた状態で髪をまとめる場合は、あまりきつく縛ると切れ毛や枝毛の原因になるので気をつけましょう!

3. 海やプールから帰ってきてからのケア

帰ってきてからは、髪を本来の状態に戻す為に弱酸性のシャンプーやトリートメントを使い優しくケアしていきましょう。

お風呂上がりや乾かす時は、余計な摩擦や乾燥を防ぐ為にアウトバス(洗い流さない)トリートメントも忘れずに。

そしてなるべく早く乾かして下さい。

疲れていてもサボらずにアフターケアはして下さいね。

まとめ

髪は一度傷むと治る事はありません。

海水や紫外線など完全に防ぐ事は難しいですが
、なるべく髪を良い状態に保つ為に少し気を付けてあげてみてはいかがでしょうか?

ポイントとして

・紫外線や海水に当たる前に防御しておく

・海やプールに行った後はいつも以上に髪をいたわる

準備とアフターケアをしっかりして、夏を楽しんでくださいね^_^

それではまた♪

ご相談はこちらから

ご相談・ご予約はこちらからお願いします!
公式LINEでの事前カウンセリングやお悩み相談など気軽にご連絡下さい ↓ ↓ ↓

  • ピックアップ
  • Category
  • Tag Cloud
  • archive